罹災証明書の発行について

 広尾町では、地震や台風などの自然災害によって家屋等への被害を受けた場合、罹災証明書を発行しています。この証明は、公的支援の手続きや保険請求の手続きのために必要となる場合があります。

申請方法

 下記の罹災証明願に必要事項を記載し、被害状況の写真を添付のうえ、郵送または担当窓口まで提出してください。その後、担当者が現地で被害状況を確認し、罹災証明書を発行します。

申請先

〒089-2692
広尾郡広尾町西4条7丁目1番地1
広尾町役場 企画課企画防災係

手数料

無料

※罹災証明書は即日交付できませんので、ご了承ください。

申請書

被害状況の写真撮影をお願いします

 住まい等の被害を受けた場合は、家の片づけや修理の前に被害状況を写真に撮って保存してください。担当による被害状況の確認前に修理や取り壊し等を行ってしまうと調査が困難となり、罹災証明書を発行できない場合があります。

写真撮影のポイント

家の外からの撮影

  • 携帯電話やデジタルカメラ等でなるべく4方向から撮影してください。
  • 浸水した場合は、浸水の深さがわかるように撮影してください。
 ※メジャーなどをあてて「引き」と「寄り」の写真を撮ると、被害の大きさがよくわかります。

家の中の撮影

  • 部屋ごとの全体写真・被害箇所の「寄り」の写真を撮影してください。

<撮影箇所の例>
内壁、床、窓、出入口、サッシ、襖(ふすま)、障子、システムキッチン、洗面台、便器、ユニットバスなど

罹災証明写真撮影のポイント

このページの情報に関するお問い合わせ先

広尾町役場 企画課 企画防災係
TEL. (01558)2-0184