住所が変わったとき

転入届

転入とは、新たに市町村の区域内に住所を定めることをいい、次の3つの場合があります。
 

  • 他の市町村から住所を移した場合
  • 国外から転入してきた場合
  • 従来、定まった住所のなかった方が、新たに住所を定めた場合

※転入をした方は、転入をした日(翌日)から14日以内に転入先の市区町村長に届け出なければなりません。

手続きに必要なもの

  • 転出証明書(マイナンバーカードを使って届出する場合は不要です。)
  • 身分証明書(運転免許証、パスポート、健康保険証、介護保険証、在留カード、特別永住者証明書など官公庁が発行したもので顔写真付きのものは1点、顔写真がないものは2点必要です。)

※身分証明書がない方については、後日ご本人宛に確認通知書を送付し、それをもって本人確認とさせていただきます。
  • マイナンバーカード(個人番号カード)、通知カード、住民基本台帳カード
  • 印鑑

※その他、必要に応じて提出していただく書類があります。

転居届

転居とは、同一の市区町村の区域内において住所を変更することをいいます。例えば、「1丁目2番地」に住所があった方が「3丁目4番地」に引越しした場合やアパートなどの居住者で、同一のアパート内で部屋が変わった場合などです。転居をした方は、転居をした日(翌日)から14日以内に届け出なければならないので、届出が遅れないようご注意ください。

手続きに必要なもの

  • 身分証明書(運転免許証、パスポート、健康保険証、介護保険証、在留カード、特別永住者証明書など官公庁が発行したもので顔写真付きのものは1点、顔写真がないものは2点必要です。)

※身分証明書がない方については、後日ご本人宛に確認通知書を送付し、それをもって本人確認とさせていただきます。
 
  • マイナンバーカード(個人番号カード)、通知カード、住民基本台帳カード
  • 印鑑
  • 健康保険証(国民健康保険の方)

※その他、必要に応じて提出していただく書類があります。(介護保険証をお持ちの方など)

転出届

転出とは、市区町村区域外に住所を移すことをいいます。(国外に転出する場合も含まれます)
転出をする方は、あらかじめ、その氏名、転出先および転出の予定年月日を届け出なければなりません。「あらかじめ」とは、転出することが確定した後、その住所を去るまでの間をいい、急に住所を異動することが決定し、その住所を去るまでの間に届出をする時間がないような場合で、転出後14日以内に届出をした方も含まれます。

手続きに必要なもの

  • 身分証明書(運転免許証、パスポート、健康保険証、介護保険証、在留カード、特別永住者証明書など官公庁が発行したもので顔写真付きのものは1点、顔写真がないものは2点必要です。)

※身分証明書がない方については、後日ご本人宛に確認通知書を送付し、それをもって本人確認とさせていただきます。
  • 印鑑
  • 健康保険証(国民健康保険の方)
  • 防災行政無線個別受信機(世帯全員で転出される場合)

※その他、必要に応じて提出していただく書類があります。(介護保険証をお持ちの方など)
 

マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方は

マイナンバーカード(個人番号カード)や住民基本台帳カード(住基カード)の交付を受けている方は、交付地外の市区町村へ転出された後も継続して利用することができます。
転入届の際は、マイナンバーカードや住基カードを必ず窓口へお持ちください。
なお、手続きの際は暗証番号の入力を求められます

※下記に該当する場合は、継続利用はできなくなります。 

  • 転入届をした日が転入した日から14日を経過していた場合
  • 転入届をした日が転出予定日から30日を経過しいていた場合
  • 転入届をした日から90日を経過している場合

このページの情報に関するお問い合わせ先

広尾町役場 住民課 住民係
TEL. (01558)2-0171