食と産業

農林水産業とつながる食のまち ひろお

十勝管内の最南端に位置する広尾町は、北海道の大自然の恵みを受ける、農林水産業を基幹産業とするまちです。広尾の前浜で獲れた魚介類、十勝平野で育った乳牛・農産物を使った特産品や飲食店のメニューは多くの町民・観光客に好評をいただいています。

広尾町の産業

漁業

広尾町の前浜では親潮と黒潮が混ざり合う恵まれた条件のもと、鮭や毛がに、昆布など北海道を代表する海の幸が水揚げされます。
とりわけ北海道の太平洋沿岸でしか漁獲されない「シシャモ」は、道内有数の水揚量を誇ります。過去には日本一になったこともある広尾町自慢の特産品です。

農林業

農業は酪農業を中心に、てん菜、馬鈴薯などの畑作も行われています。酪農家の中には自家生乳を使ったチーズやジェラートの製造など六次産業化にも取り組み、活躍の場を広げている方もいます。
林業は広尾町の面積の8割を占める森林を管理する重要な産業です。町有林の機能維持のみならず、木育など林業に親しんでもらうための活動にも積極的に取り組んでいます。

商工業

港町であることから、前浜で揚がった魚介類を原料とした水産加工業が盛んです。また重要港湾十勝港は工業団地として企業集積を進めているとともに、十勝における物流拠点として重要な役割を果たしています。
町内の飲食店では地元の産品を使った料理を提供する店も多く、秋には広尾産シシャモPRイベント「ししゃもラリー」の開催が恒例となっています。

特産品

広尾の前浜で獲れた魚介類を原料にした珍味、一夜干しといった魚介加工品が特産品の代表格となっています。町内には長年営業している水産加工業者が多く、各店それぞれに多くのファンがついています。
また酪農家が自家生乳等を使用した食品、新規創業者が道産木材を使用した木工製品の製造を始めるなど、自慢の特産品の種類は年々増加しています。

ふるさと納税

広尾町のふるさと納税は各種地域づくりのほか、東京の小学生を対象に広尾町との各種交流事業を通じて健やかな成長を応援する取組「子ども農山漁村交流から始めるまち・ひとづくり」事業に活用されています。
寄付者への返礼品は、シシャモなどの魚介加工品のほか、酪農家のジェラート、道産木材を使った木工品など多岐にわたる特産品をご用意しています。

このページの情報に関するお問い合わせ先

広尾町役場
TEL. (01558) 2-2111