農業の概要

町営牧場へ預託牛入牧

広尾町の農業は、酪農を中心に、肉牛生産、小麦、てん菜、ばれいしょ、豆類などの畑作も行われています。

家畜飼養頭数(平成30年12月31日現在:JAひろお調べ)

区分頭数(頭)
乳牛経産牛6,462
未経産牛5,012
11,474
肉牛903
22 (うちポニー9)

畑作物作付け状況(平成30年産 JAひろお調べ)

作物名面積(ヘクタール)
小麦25.7
豆類28.4
てん菜214.4
大根8.7
ばれいしょ40.6
317.8

参考 ※生乳生産量58,692トン

農業粗生産額(平成30年産 JAひろお調べ)

品目粗生産額(千円)
畑作物小麦18,799
豆類35,401
てん菜157,409
大根45,151
ばれいしょ29,603
畑作物計263,675
畜産生乳5,500,249
個体販売2,034,023
畜産計7,534,272
合計7,820,635

新規就農者相談窓口

牧場で働いてみたい、これから農業を始めたい方は、広尾町農業担い手育成センターにご相談ください。

JAひろお
TEL:01558-5-2121

広尾町農業委員会

農業委員会とは、「農業委員会等に関する法律」に基づいて市町村に設置が義務付けられている行政組織です。
平成28年4月1日より「農業委員会等に関する法律」が改正され、農業委員の選出方法が公職選挙制から町長による任命制に変更されました。

委員の構成

  1. 推薦を受けた委員:10人
  2. 応募した委員:1人

※町村ごとに違いますが、広尾町では現在上記の11人で構成されています。

主な仕事

農地の保全と有効利用を図るため、農地の売買・貸借・転用などをする場合に法律に基づいた審査や意見の決定、許可を行います。
また、これに伴う調査や意思決定を行うために、毎月1回総会を開催しています。

※総会の議事録は農業委員会事務局で閲覧することができます。

総会開催予定日

5月28日(木)
第35回総会を開催予定

広尾町農業委員会農地等の利用の最適化に関する指針

 「農業委員会等に関する法律」第7条に基づいた指針を下記のとおり定めます。

町内の賃借料情報

平成21年12月に施行となった改正農地法では、従来の小作料制度が廃止になり、標準小作料の考え方はなくなりました。
 農業委員会では、新たな賃借料の目安とするために、過去1年間の賃借料情報を公開することとしています。

締結(公告)された地域平均額最高額最低額データ数
広尾町全域4,700円5,000円3,500円659筆  

(平成31年4月1日更新)

※1 データ数は集計に用いた筆数(特殊な契約のものは除く)
※2 金額は、算出結果を四捨五入し、100円単位としています。

農業委員会の目標と活動計画

令和元(平成31)年度の目標及びその達成に向けた活動の点検・評価案と令和2年度の目標及びその達成に向けた活動計画案を公表します。

※これらの案について、地域の農業者のご意見・ご要望を募集しています。
 

  • 意見等の募集期間
    令和2年4月1日~令和2年4月30日
  • 意見の提出方法
    住所・氏名を記入のうえ、下記お問い合わせ先に提出してください。(住所・氏名を記入していないものは受け付けられません。)
    なお、電話での受付は行っておりませんので、ご了承ください。

農業委員会からのお知らせ

  • 農地法第3条許可申請書様式と必要な添付書類、記入マニュアルについては、事務局に備え付けてあります。
  • 本町で農業を営むために最低限必要な農地については、最低2ヘクタールとしています。
  • 農地内で施設(住宅・牛舎・物置などすべての構造物)を建設する場合には「農地法」、「農業経営基盤強化促進法」、あるいは「農振法」などの許可・届出が必要になります。
    そのような場合には、事前に農業委員会にご相談ください。これらの手続きを怠った場合は、罰則が適用されることになります。

農地に関するご質問や諸手続きは、農業委員会事務局にお問い合わせください。

広尾町農業委員会 事務局
TEL:01558-2-0179
FAX:01558-2-6294
E-mail:n-nogyo(at)town.hiroo.lg.jp
(送信する際は(at)を@に変えて送信してください)

このページの情報に関するお問い合わせ先

広尾町役場 農林課 農政林務係
TEL. (01558)2-0179

広尾町役場 農業委員会 農地係
TEL. (01558)2-0179