企業版ふるさと納税

企業版ふるさと納税とは

こころざしのある企業のみなさまが、寄附を通じて地方公共団体の行う地方創生の取組を応援した場合に、税制上の優遇措置を受けることができる仕組みです。

制度の概要

企業版ふるさと納税は、内閣府によって2016年4月に創設された制度です。
国が認定した地方公共団体の地方創生プロジェクトに対して企業が寄附を行った場合に、法人関係税から税額控除を受けることができます。
‣ 1回当たり10万円以上の寄附が対象となります。
‣ 寄附を行うことの代償として経済的な利益を受け取ることは禁止されています。
‣ 本社が所在する地方公共団体への寄附については、本制度の対象となりません。

地方創生のさらなる充実・強化に向けて、地方への資金の流れを飛躍的に高める観点から、令和2年度から下記のとおり制度が大幅に見直され、より使いやすい仕組みとなりました。
【令和2年度からの改善ポイント】
1 税額控除割合の引上げ
税の軽減効果が、寄附額の最大約9割(改善前約6割)となりました。
<ポイント>寄附を行う企業の負担がさらに軽減されました。

2 寄附時期の制限の大幅な緩和
地域再生計画の認定後、「寄附(受入れ)の金額の目安」の範囲内であれば、事業費確定前の寄附の受領が可能になりました。
<ポイント>企業の寄附したいタイミングでの寄附が可能になりました。

本制度について、さらに詳しくお知りになりたい方は、下記をご参照ください。

令和3年度に実施する地方創生の取組をご紹介します

1.子ども農山漁村交流から始める「まち・ひとづくり」

東京都の子ども達を広尾町の漁家や農家が受け入れる「ホームステイ事業」を行います。この事業により、都市に暮らす子ども達の「生きるチカラ」の育成を通じて、広尾町の漁業者や農業者が地域資源の価値や魅力を再認識することで、産業振興や地域活性化につながることをめざします。また、東京都の小中学校の学校給食へ広尾町産の食材を提供するなど、都市との関係人口構築に努めます。

2.広尾町活き生きプロジェクト

人口減少問題に対応するため、町内関係機関による「広尾町活き生きプロジェクト」を組織し、第一次産業や商工業などの労働力不足の解消や、移住・定住、交流、関係人口を確保するための各種取組をまちぐるみで展開します。

3.サンタランドの魅力向上プロジェクト

「愛と平和、感謝と奉仕」を基本理念とする「サンタランド」が国内唯一であることの価値を町民が再認識し、あらゆる人が楽しむことができる「サンタランド」として、まちぐるみでその魅力に磨きをかけます。

4.情報発信力の強化(観光、広報)

町外から広尾町を訪れる人にまちの魅力や観光情報をPRする観光パンフレットとポスターを新たに作成します。加えて、若い世代の町民を「町民通信員」として育成し、広報紙やウェブサイト、SNSなどを通じたまちの情報発信に協力してもらう事業を展開します。

5.ウニ・コンブ養殖施設設置事業

ウニの種苗生産技術を活かし、養殖漁業に適した十勝港にウニの養殖施設とウニの餌となるコンブの養殖施設を併設し、広尾町の海洋資源のみでつくり育てる「ウニの完全養殖」をめざします。

6.十勝港物流調査委託事業

運航船会社へのポートセールスを展開するため、十勝管内から首都圏等に出荷している農水産品の実態調査と関係各社への意向調査を実施し、本州との定期航路開設をめざします。

広尾町では、上記の地方創生に係る取組へのご寄附を募集しています。
メールでのお問い合わせは、下記アドレスまでお願いします。
メールアドレス
k-kikaku(at)town.hiroo.lg.jp(企画課企画防災係)

※迷惑メール対策のため、@(アットマーク)を(at)と表示しています。送信の際は、(at)を@に変更してください。

最新の地域再生計画(第55回:令和2年3月31日認定)

(参考)

過去の認定事業

このページの情報に関するお問い合わせ先

広尾町役場 企画課 企画防災係
TEL. (01558)2-0184