住民基本台帳カード

住民基本台帳カードは、高いセキュリティ機能を備えたICカードです。住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)での本人確認の利用を安全に行うことが可能になっています。

※住民基本台帳カードの発行業務は平成27年12月で終了しました。

カードの利用について

  • 転入転出の手続きが簡素化されます。
  • 法令等で住基ネットの利用を認められた事務での本人確認に利用できます。
  • 公的個人認証サービスの秘密鍵、電子証明証の保存用カードとして利用できます。
  • 顔写真ありを選択した場合は、公的な身分証明証として利用できます。

注意事項

  • 有効期限は10年間です。
  • 転居の際は、表面に記載された住所などを修正しますので、住民基本台帳カードをご持参ください。(顔写真付き住民基本台帳カードのみ)
  • 広尾町外から転入した場合、他市区町村のカードを継続して利用できます。
    ※下記に該当する場合は、継続利用できません。
    転入手続きの際に住基カードを持参できない場合
    カードの有効期限が切れている場合
    転入届をした日が転入した日から14日を経過していた場合
    転入届をした日が転出予定日から30日を経過していた場合
    転入届をした日から90日を経過している場合
  • 住民基本台帳カードを紛失した場合は、直ちに役場住民係へ連絡してください。

その他の手続きについて

  • 紛失・盗難した場合
    紛失や盗難にあった場合は、早急に警察署に届出(紛失届・盗難届)を行ってください。その後、住民係窓口で住基カードの一時停止の手続きをおこなってください。(電話でもできます。)
    後日、紛失したカードを発見した場合は、本人確認書類を持参のうえ、一時停止解除の手続きを行ってください。
    見つからなかった場合は、後日廃止届を提出してください。廃止届をする場合は、紛失や盗難の事実が確認できる書類(紛失・盗難届出の証明、届出日・届出場所・受理番号の控え)の提示が必要になります。
  • 暗証番号を忘れてしまった場合
    住民基本台帳カードの暗証番号の再設定を申請することができます。
    本人確認を行ったうえで、窓口でご自身に新しい暗証番号を設定していただきます。ご本人の住基カードと本人確認書類を持参してください。

このページの情報に関するお問い合わせ先

広尾町役場 住民課 住民係
TEL. (01558)2-0171