防火対策

住宅用火災警報器

住宅用火災警報器の設置義務化

住宅火災による死傷者が急増していることを踏まえて、一般住宅にも専用の火災報知器の設置を義務化する消防法の一部が改正され、新築住宅については、平成18年6月1日から既存住宅については、平成23年5月31日までに設置が必要となりました。

住宅用火災警報器の交換時期は設置から約10年となっており、皆様の住宅に設置されている住宅用火災警報器がいざという時に作動しない恐れがあります。 ご自身や家族を守るために取替等管理を徹底しましょう。

設置箇所

住宅火災による死者は就寝中が最も多く、寝室や寝室のある階の階段の上端とし、天井又は壁面に取り付けます。

火災警報器の概要

火災による煙を自動的に感知して、住宅内にいる人に警報ブザーや音声により知らせ避難を促す器具です。

火災警報器の取付け位置

天井に取り付ける場合は、壁面から60センチメートル以上離し、壁面に取り付ける場合は、天井から15~50センチメートル以内の場所に取り付けます。

NSマーク

悪質な訪問販売にご注意

住宅用火災警報器は設置義務があり、悪質な業者がこれを契機に不適正な価格、無理強い販売をするとも限りません。
価格の目安は1個6,000円から15,000円(音で知らせるもの、音声で知らせるもの、ガスを検出するものと価格が上がっていきます)の範囲です。
もし、このような悪質業者がお宅を訪問して、「消防署の方から来ました」などと言った場合は、来た方向を示しておりますので気をつけてください。また、消防署員が販売することはありません。
不審に思ったら、すぐに消防署にご連絡ください。

スプレー缶、カセットボンベの事故防止

中身の残ったスプレー缶、カセットボンベがごみに出されると、ごみ収集車やごみ処理施設で火災が発生する恐れがあります。また、誤ったガス抜きなどでケガをしたり、火災が発生する恐れがあります。

必ず製品に記載されている注意書きを確認し、正しい方法で使用してください。

カセットボンベやスプレー缶のガス抜きは、付属のガス抜きキャップなどを使用し、火気のない通気性のいい屋外でガス抜きをおこなうようにしてください。

ごみ処理方法については、住民課環境生活係のごみのページをご覧ください。また、ガス抜き方法などの詳しい内容は日本エアゾール協会のホームページをご覧ください。

火災・事故などを防ぐため、正しく使用しましょう。

このページの情報に関するお問い合わせ先

広尾消防署
TEL. (01558)2-2730