心肺蘇生法

心肺蘇生法※8歳以上

(1)反応を確認する

周囲の安全を確認後、耳もとで、「大丈夫ですか」又は「もしもし」と呼びかけながら、肩を軽くたたき、反応があるかないかを確認します。

(2)助けを呼ぶ

反応がなければ、大きな声で「誰か来て!人が倒れています!」と助けを求めます。
協力者が来たら、「あなたは119番へ通報してください」「あなたはAEDを持ってきてください」と要請します。

(3)気道の確保(頭部後屈あご先挙上法)

片手を額に当て、もう一方の手の人差指と中指の2本をあご先(骨のある硬い部分)に当てて、頭を後ろにのけぞらせ(頭部後屈)、あご先を上げます(あご先拳上)。

(4)呼吸の確認

正常な呼吸(普段どおりの息)をしているか確認します。
気道を確保した状態で、自分の顔を傷病者の胸に向けながら、頬を傷病者の口・鼻に近づけます。
10秒以内で、
  1. 胸や腹部の上がり下がりを見る。
  2. 息の音を聞く。
  3. 頬で息を感じる。

(5)人工呼吸(口対口人工呼吸)

正常な呼吸が無ければ気道を確保したまま、額に当てた手で鼻をつまみ、口を大きく開けて傷病者の口を覆い、息を約1秒かけて吹き込みます(胸が上がるのを確認します)。
いったん口を離し、同じ要領でもう1回吹き込みます。

(6)胸骨圧迫(心臓マッサージ)

2回の人工呼吸が終わったら、ただちに胸骨圧迫を開始し、全身に血液を送ります。
胸の真ん中を、重ねた両手で「強く、速く、絶え間なく」圧迫します(肘をまっすぐに伸ばし手の付け根部分に体重をかけ圧迫する)。
1分間に100回のテンポで30回連続して圧迫します。

(7)心肺蘇生法の実施

胸骨圧迫を30回連続して行った後に、人工呼吸を2回行います。
胸骨圧迫と人工呼吸の組み合わせ(30:2のサイクル)を救急隊に引き継ぐまで絶え間なく続けます。
※救助者が2人以上いる場合は、2分間(30:2を5サイクル)程度を目安に交代して、絶え間なく続けることが大切です。

(8)AED電源を入れる

AEDのふたを開け、電源ボタンを押します(ふたを開けると自動的に電源が入る機種もあります)。
電源を入れたら、その後は音声メッセージと本体に点滅するランプに従って操作します。

(9)電極パッドを貼る

傷病者の衣服を取り除き、胸をはだけます。
電極パッドをシールからはがし、粘着面を傷病者の胸部にしっかりと貼り付けます(貼り付ける位置は電極パッドに絵で表示されていますので、それに従ってください)。
機種によっては電極パッドのケーブルをAED本体の差込口(点滅している)に入れるものがあります。

こんな場合は?

  • 胸が濡れている場合:タオルなどでふき取ってから貼ります。
  • 胸に貼り薬がある場合:貼り薬をはがし薬剤をふき取ってから貼ります。
  • ペースメーカーなどが埋め込まれている場合⇒ペースメーカーなどから3センチ程度離したところに貼ります。
  • 胸毛が濃い場合⇒貼り付ける部分の体毛を除去します。
  • 金属製のアクセサリーをつけている場合⇒簡単に外せるなら外すが、手間取る場合はパッドの位置から遠ざける。
  • 電気ショックの適応がない場合⇒音声メッセージに従って、胸骨圧迫(心肺蘇生法)を再開します。

(10)心電図の解析

電極パッドを貼り付けると「体に触れないでください」などと音声メッセージが流れ、自動的に心電図の解析が始まります。
このとき、「皆さん、離れて!!」と注意を促し、誰も傷病者に触れていないことを確認します。

(11)電気ショックを行う

AEDが電気ショックを加える必要があると判断すると「ショックが必要です」などの音声メッセージが流れ、自動的に充電が始まります。
充電が完了すると、「ショックボタンを押してください」などの音声メッセージが流れ、ショックボタンが点灯します。
充電が完了したら、「ショックします。みんな離れて!」と注意を促し、誰も傷病者に触れていないことを確認し、ショックボタンを押します。

(12)心肺蘇生法を再開

ショックが完了すると、「ただちに胸骨圧迫(心臓マッサージ)を開始してください」などの音声メッセージが流れますので、これに従ってただちに胸骨圧迫を再開します。
胸骨圧迫を30回、人工呼吸2回の組み合わせを続けます。
心肺蘇生法を再開し2分(30:2を5サイクルほど)経ったら、AEDは自動的に心電図の解析を再び行います。
以後は、(10)心電図の解析、(11)電気ショック、(12)心肺蘇生法の再開の手順を約2分間おきに繰り返します。

用語解説

助けを呼ぶ

  • 協力者が一人しかいないときには、「119番に連絡してください!それからAEDを持ってきてください!!」と指示します。
  • 一人しかいない場合は、まず自分で119番通報することを優先します。

119番通報(救急車の呼び方)

  • 救急車を要請する場合は、まず119番にあわてないではっきりと状況を通報し、救急車の出動を要請します。
  • 住所や誰にでもわかる目標物があれば知らせます。
  • 見たままの状態を簡潔に伝えます(反応の有無・年齢・性別・病気や怪我の状況など)。

気道の確保

  • 喉の奥を広げて空気を肺に通しやすくします。

人工呼吸

  • 1回目の吹き込みで胸が上がらなかった場合には、もう一度気道確保をやり直し、吹き込みを試みます。
  • うまく胸が上がらない場合でも、吹き込みは2回までとし、すぐに胸骨圧迫に進みます。
  • 口に傷や出血があってできない場合は、胸骨圧迫のみを行っても良い。

胸骨圧迫(心臓マッサージ)

胸骨圧迫のポイント

  • 圧迫の位置:胸の真ん中(乳頭と乳頭の真ん中)
  • 圧迫の強さ:強く(胸が4~5センチ沈むまで)
  • 圧迫の速さ:速く(1分間に100回のテンポ)
  • 圧迫の回数:絶え間なく(30回連続)
  • 圧迫と圧迫の間(圧迫を緩めるとき)は、胸がしっかり戻るまで十分に圧迫を解除します(胸から手を離さずに)。

AED

  • AED:自動体外式除細動器
  • AEDは「反応なし」「呼吸なし」の傷病者で、8歳以上の場合に使用します。
  • 1歳以上~8歳未満の場合は、小児用の電極パッドを使用します(小児用のパッドが無い場合は成人用で代用可)。
  • 1歳未満の乳児には使用できません。

心電図解析

  • 心電図の解析中は、電気ショックを加える必要があるかどうかを調べています。
  • この間は、誰も病床者に触れていないことを確認します。

回復体位

  • 反応はないが正常な呼吸(普段どおりの息)をしている場合は、気道の確保を続けて救急隊の到着を待ちます。
  • 吐物などによる窒息の危険があるか、やむを得ず傷病者のそばを離れるときには、回復体位にします。
  • 下あごを前に出し、上側の手の甲に傷病者の顔をのせ、上側の膝を約90度曲げて、後ろに倒れないようにします。

このページの情報に関するお問い合わせ先

広尾消防署
TEL. (01558)2-2730