異物除去法・止血法

異物除去法

異物(食物・吐物・血液など)が口の中や喉などに詰まっている状態(気道閉塞)が、強く疑われる場合における異物の除去の方法

傷病者に反応(意識)がある場合

(1) 傷病者に「喉が詰まったの?」と尋ね、声が出せず、うなずくようであれば窒息と判断し、ただちに行動しなければなりません。

  • 119番通報するよう誰かに頼むとともに、以下の方法で異物の除去を試みます。
  • なお、咳をすることが可能であれば、咳をできるだけ続けさせます。
  • 咳ができれば、異物の除去に最も効果的です。

(2)腹部突き上げ法(ハイムリック法)

腹部突き上げ法

腕を後ろから抱えるように回します。
片手で握りこぶしを作り、その親指側を傷病者のへそより上でみぞおちの十分下方に当てます。
その上をもう一方の手で握り、すばやく手前上方に向かって圧迫するように突き上げます。

※妊婦(明らかにお腹が大きい場合)、乳児(1歳未満)には腹部突き上げ法は行ってはいけません。次の背部叩打法のみ行います。
※腹部突き上げ法を実施した場合は、腹部の内臓をいためる可能性があるため、異物除去法後は、救急隊にその旨を伝えるか、速やかに医師の診察を受けてください。

(3)背部叩打法

背部叩打法

立位や座位の場合は、傷病者の後方から手のひらの基部(付け根付近)で左右の肩甲骨の中間あたりを力強く何度も連続して叩きます。

傷病者の反応がなくなった場合

反応がない場合、あるいは最初は反応があって応急手当を行っている途中にぐったりして反応がなくなった場合には、ただちに心肺蘇生法の手順を開始します。

  1. ただちに助けを呼び119番通報します。
  2. 気道の確保を行い、次に人工呼吸を2回行います。
  3. 心肺蘇生法を行っている途中で、口の中に異物が見えたならば、異物を取り除きます。
  4. もし、口の中に異物が見えないならば、異物を探すのに時間を費やすことはせずに、胸骨圧迫30回と人工呼吸2回を繰り返します。

止血法

一般に体内の血液の20%が急速に失われると出血性ショックという重篤な状態になり、30%を失えば生命に危険を及ぼすと言われています。
大出血の止血方法としては、出血部位を直接圧迫する直接圧迫止血法が基本です。

(1)直接圧迫止血法

直接圧迫止血法

きれいなガーゼやハンカチ、タオルなどを傷口に当て、その上を手で圧迫します。
大きな血管からの出血の場合で片手で圧迫しても止血しないときは、両手で体重を乗せながら圧迫止血をします。
止血の手当を行うときは、感染防止のため直接触れないように、できるだけビニールの手袋やビニールの袋を使用します。

このページの情報に関するお問い合わせ先

広尾消防署
TEL. (01558)2-2730