就任のごあいさつ

4期目に向けて

活力ある広尾町へ
平成20年4月に皆様からご支援を頂き、3期12年になります。今日まで、ご指導とご協力を賜り、衷心より感謝申し上げます。
これまで、私は、「自立して豊かに暮らせるまちづくり」をスローガンに掲げ、元気なまちづくりに全力投球して参りました。
特に、3期目は町立病院の独立行政法人化による改革、幼稚園と保育園を統合した認定こども園の開設、豊似小学校の改築で教育施設の耐震改修の完了、第5次行財政改革の実施など、厳しい社会経済状況の中で町政を前進させることができました。これも町民皆様のご理解とご支援の賜物であります。
今、喫緊の課題は、新型コロナウイルス感染症対策です。感染防止や影響を受けた事業者への支援など、対策に万全を期して参ります。 
加えて、人口減少対策、産業振興、港湾・商工振興、高規格幹線道路延伸、福祉・医療の充実、教育の充実など課題は山積しています。
これらの問題に懸命に向き合い、これまで実施してきた政策を継続し、さらに肉付けをして、成果を上げ、「活力のある、住民が安心して暮らせる広尾町」を築くため全力を尽くす決意でありますので、引き続き町民皆様のご協力をよろしくお願いします。

 令和2年4月30日
広尾町長 村瀨  優
 
■広尾町の活力と安心に向けての7つの重点政策
 
1 地域の産業が元気になるまちづくり
・水産~前浜資源の回復・・・サケ、コンブ、ウニの増養殖強化の支援
・農業~家畜糞尿対策・・・バイオマスプラント設立支援
・林業~地元材の活用、製材工場誘致
 
2 活力が出るまちづくり
・港湾~定期航路開設、企業誘致
・商工~賑わい創り拠点づくり
・観光・食~サンタランド事業の推進、広尾の食の魅力発信
・地域間交流~交流人口・関係人口の拡大
 
3 交通ネットワークで地域を支えるまちづくり
・高規格道路の延伸(豊似~広尾間)~産業・防災・医療・観光の充実
 
4 誰もが安心して暮らせるまちづくり
・病院~独法・町立病院の充実、第二次予防医療の拠点整備、医療機器MRIの整備
・高齢者の買い物、外出支援
・障がい者福祉~のーまひろお支援
・空き家対策~取り壊し助成制度等で住環境の整備
・防災・減災対策
 
5 子どもが健やかに育つまちづくり
・子育て~認定子ども園の充実、公園の整備
・教育~広尾高校の魅力アップ支援、1学級二間口維持
 
6 高齢者が元気なまちづくり
・高齢者福祉の充実~介護予防の推進、介護サービスの推進
・地域包括ケアシステムの確立~医療・介護連携
 
7 健全な財政運営のまちづくり
・事業の見直し~住民ニーズに合わせた事業の見直し
・財政規律の確立~歳入、歳出の効率的な財政運営

このページの情報に関するお問い合わせ先

広尾町役場
TEL. (01558) 2-2111